手術を行なう

切らないワキガ治療を受ける人が増えてきました

一昔前まで、ワキガの症状を根本的になくすためには、皮膚にメスを入れる外科手術を行うしか方法がないと考えられてきました。軽症のワキガであれば、制汗スプレーや消臭クリームなどの使用で、症状の発生をある程度抑えることが可能です。しかし、重いワキガの症状をそのような方法で抑えることは不可能です。そのため、どうしても症状を改善したいと希望している人は、汗腺や皮脂腺を取り除く外科手術を受けるしか方法がありませんでした。でも、近年では、ボトックス注射を打ってワキガの症状を抑える治療を行うクリニックが増えてきたため、多くの患者が利用しています。切らない治療方法ですから、患者の体にかかる負担を最小限に抑えることができますし、傷跡が残ってしまう心配もありません。

切らないワキガ治療を受けたい場合には

切らないワキガ治療を受けたいと希望している人は、美容外科クリニックに相談してみることをおすすめします。ワキガ治療を行っているのは皮膚科だけだと思い込んでいる人が少なくありませんが、美容外科クリニックでもワキガ治療を受けることができます。ただし、美容外科のワキガ治療は、皮膚科のように保険の適用を受けることができません。ですので、費用負担をなるべく低く抑えたいと希望している人は皮膚科を利用する必要があります。とはいえ、保険が適用されるのは目視下汗腺剪除法の手術ですので、肌に傷跡が残ってしまいます。でも、美容外科クリニックを利用すれば、皮膚科に比べると審美面への配慮が格段に行き届いた目視下汗腺剪除法の手術を受けることができます。もちろんボトックス注射を用いる治療も受けることができますので、ワキガで悩んでいる人は美容外科クリニックを受診してみることをおすすめします。